広告

眠気の正体。ついに特定される!!

2018年8月13日

cat-眠り-休息

 

こんにちは、フリアコの仕事が終わると途端に眠くなって何かする気が起きなくなるアンソニーです。

 

皆様もそういった経験はないでしょうか?

 

学校のお昼休み終わりの授業などは眠気との戦いだったのではないでしょうか。

 

私は中学、高校までは眠気がやって来る事がなかったのですが、20を過ぎたあたりからやたら強い眠気に襲われるようになって難儀した記憶があります。

 

おかげでテスト前にはひどい目に遭いかけましたが、ついにその正体が明かされたそうです。

 

広告

筑波大、眠気を捉える

 

科学雑誌と言えば、これと言うほどに有名な英ネイチャーに掲載されたのは筑波大の発表した論文でした。

 

 

眠気の正体は脳内の神経細胞のたんぱく質が変化することによって起こるものだそうです。

 

この変化は疲労などの要因によって変化し、睡眠をとることで元の戻るという性質があるため、この変化を眠気として感じるようです。

 

マウスを利用した実験はこれまでにもあったそうですが、脳内の変化を評価することが難しかったことからこれといった理由を見つけられなかったそうです。

 

この実験ではある特殊なマウスを使うことによって、眠気の正体に迫ったのだそうです。

 

眠気を取り除くには

 

このことから考えられえることは、「眠気」を覚ますには寝ることしかないということでしょうか。

 

判明した原因から推察するとそのようになるかもしれません。脳の神経細胞に対する影響が原因ですから、通常の方法では対処が難しいのではないでしょうか。

 

ただし、原因が判明したことによって眠気覚ましも適切に作用するものが生み出せるでしょう。

 

授業で眠くなってしまっても大丈夫になる時代がもうすぐやってくるかも?

フォローする

広告