広告

スマホいじりの天敵!ばね指とは!?

仕事とパソコンと女性

 

今の時代、スマホを持っていない人を見かけることはほとんどありませんよね?

 

 

パソコン等のIT機器が仕事に欠かせない現代人に対して致命的な病気があります。

 

 

それがばね指です。

 

 

実は私もニュージーランドにいる間にばね指になってしまい、医者にかかることも出来ず大変苦労しておりました。

 

 

今回はその経験も交えて、新・現代病と呼ばれる「ばね指」をご紹介いたします。

 

 

広告

ばね指とは

 

 

ばね指とは、「指の腱に炎症が起こり、ばねのように跳ねあがる」症状のことを指しています。

 

 

云わば、腱鞘炎の指版です。

 

 

元々は妊娠出産期や更年期の女性が多く発症するとされていましたが、近年では老若男女問わずに発症する事例が増えています。

 

その原因がスマホ、パソコンのし過ぎと言われています。

 

 

ばね指が悪化してしまうと、指が動かなくなり、最悪手術しなくてはいけなくなります。

 

 

スマホ弄りは勿論、デスクワークなどで指を酷使している人達からすると指が動かなくなることは何より恐ろしい事でしょう。

 

ばね指になっても、パソコンやスマホを触っていると、より症状が悪化し悪循環に陥りやすい点がとても恐ろしいですね。

 

 

ばね指の原因

 

 

ばね指の主な原因としては「指の使い過ぎ」が指摘されています。

 

ばね指の原因は腱鞘炎と同じですね。

 

 

元はスポーツ選手や音楽家、重い荷物を日常的に運んでいる人が成りやすいとされていましたが、近年ではスマホやパソコンを長時間使用している人にも発症しています。

 

 

また、ばね指と同じ腱鞘炎の一種ですが、痛みの出る部位の違いによっては「ドバルケン病」と診断されることもあります。

 

 

 

ばね指になってしまった場合の対処法

 

 

ばね指になってしまった場合の対処法はその指を曲げないことです。

 

 

指の腱が炎症を起こしているため、指を曲げれば曲げるほど悪化する危険性があります。

 

 

そのため、テーピングなどで指を固定することが大事になります。

 

 

私は現在、ニュージーランドでしていたテーピングの写真です。

 

 

指-テーピング

 

 

やり方はこちらのサイトを参考にしました。

 

 

 

 

氷水などで指や手のひらに当てて、冷やすことも効果的です。

 

 

また、整形外科、リウマチ科などで受診すると塗り薬やステロイド注射によって治療してもらえます。

 

 

最悪の場合ですと、手術によって腱の一部を取り除くことになるため、なるべく早い段階で受診しましょう。

 

 

そうなってしまうと、満足に仕事が出来なくなります。

 

 

マッサージなどの行為は炎症を悪化させ、ばね指の進行を早めることもあるためお勧めできません。

 

 

そのため、お医者さんに診て貰った上で指示に従うことをお勧めします。

 

 

生兵法はけがの元、です。

 

 

ばね指の予防

 

 

ばね指に限らず、腱鞘炎は指の使い過ぎなどで起こる腱の炎症が原因です。

 

 

そのため、一番の予防方法は指を労わることです。

 

 

パソコン等の作業が長引く場合は指手首のストレッチやマッサージを行い、常に柔らかく保つことが肝心です。

 

 

また、パソコン等を長時間操作するときは手にあったマウスを使うようにし、

 

 

 

リストレストなどを用意して、手首への負担を減らすことも重要です。

 

 

 

また、お風呂上りに手をグーパーする運動も効果的とされています。

 

 

最後に

 

 

私自身ばね指のような症状に悩まされていますが、指が動かないようにテーピングすることで症状の悪化は防げています。

 

(本当はお医者さんに掛かったほうが良いのですが、ニュージーランドではちょっと難しい)

 

皆さんはちょっとでも心当たりがあれば直ぐ病院へ行ってくださいね。

 

 

スマホやパソコンが原因で指が動かなくなってスマホやパソコンが出来なくなるのは洒落になりません。

 

 

現代人の必需品のスマホやパソコンですが、「使用者の指」という意外な弱点もあったわけです。

 

 

人類にとって最も大切な仕事道具である「指」を大切に扱っていってくださいね

 

 

フォローする

広告