広告

英語で文章を書くたった一つの冴えたやり方

こんにちは。

最近、仕事で英語を使っている、という人から英語で文章を書く時に使っている方法を聞いて、私にも簡単に使えそうなものだったので、備忘録も兼ねて記事にしようと思いました。

 

その人は営業で海外の企業とやり取りをするだけでなく、会社のwebサイトの英語化もやっていて、渡された日本語の原稿を英語の文章に翻訳するときに実際に使っている方法だそうです。

 

広告

たった一つの方法でネイティブレベルの文章が書ける

 

英語学習

 

聞いた方法はただ一つ。日本文をGoogle翻訳などの翻訳サイトで英文翻訳することです。

 

そんなの誰だってやってるよ!!

 

と言われそうですが、その人は単純に翻訳サイトに日本文を突っ込んものを使っているのではないのです。

 

翻訳サイトだけでは、ネイティブレベルの文章を書くには少し足りないのです。

日本語と、英語の違い。その溝を埋めるためにはひと手間必要なのです。

 

翻訳サイトで完全な翻訳ができるとは限らない

 

忘れてはいけませんが、完ぺきな翻訳というものは存在しません

英語と日本語は違う言葉である、ということを肝に銘じなければ翻訳は出来ないでしょう。

ましてや、英語の文章を書くなんて困難の極みでしょう。

 

ただし、日本語から翻訳サイトを使ってネイティブレベルの文章が書けないわけではありません。

少しの工夫と英文法の理解があれば書くことができます。

 

翻訳サイトの性能自体は上がっている。あとは使い方だけ

 

Google翻訳weblio翻訳といった翻訳サイトの翻訳能力は年々向上しています。

単語の選択に限れば、ネイティブレベルの使い方をしている場合もあります。

 

ただし、翻訳サイトをただ使うだけではどこかおかしな文章になってしまいます。

そこで、このように翻訳サイトを利用するのです。

 

  1. 英語に訳したい日本語を作り、Google翻訳等の翻訳サイトで翻訳する。
  2. 翻訳した文章の文法を見て、おかしな部分を修正する
  3. 修正した文章をもう一度Google翻訳等の翻訳サイトで再翻訳する。
  4. 最初に作った日本語と同じような文章になれば、完成。違う場合は文章を作り直す。

 

この作業を何度か繰り返すことで、比較的簡単に英語の文章を作ることが可能である、と聞きました。

言うなれば、再翻訳を繰り返すことで明快な英語の文章へのアプローチとしています。

実際にこの方法で会社サイトの英訳作業をしているそうなので、実践的な部類の方法ではないか、と思います。

この方法を実行するには英語の文法知識が必要になりますが、その点については勉強してくれとしか言えません。

結局のところ、ある程度の英文が読める方でないと作った英語の文章が正しいのかどうかが判別できませんので。英語能力は最低限必要です。

ただし、翻訳サイトにで翻訳して得られた単語を並び替えるうちにそれなりの文章ができるはずですので、英作文の難易度は格段に下がるはずです。

この方法で英語の文章を書く場合でも、平易な日本語の文章を用意しておけば中学や高校レベルの英語能力でも高度な英語が扱えるはずです。

 

この方法の欠点

 

大きく分けて二つの欠点があります。

 

  1. 英語の文法が分からないと、得られた英語の文章の扱い方が分からない
  2. 翻訳させる日本語がおかしいと、得られる英語の文章も変になる

 

上記のような問題が考えられます。

 

ただし、これらの問題はこの方法を用いない場合でも、英作文を行う前には考えておくべき必須の項目でしょう。

英作文を行う上では最低限必要なハードルと考えて割り切っていただくほかないと思います。

 

最後に

 

今回は英語を書くための方法として記事を書きましたが、本当はネイティブ並みの語学能力を発揮して、すらすらと書くことが一番楽な方法です。

そのほうが、この方法のように再翻訳を繰り返して時間を費やすことはないからです。

ただ、その方法を取ることができる人は限られます。

 

私などはできる気はしないです。

出来るようになるとしてもいつになるやら。

 

この方法を使うことで英語の文章をもっと身近に感じてくれれば幸いです。

では、また次回!

フォローする

広告