広告

6月23日、沖縄終戦によせて

beach

 

623日は沖縄での戦いが終結した日として「慰霊の日」とされています。

平成最後の沖縄慰霊の日が過ぎようとしています。

私が生まれるはるか以前の出来事ですが、痛ましい出来事であることには違いがありません。

 

 

この記事から天皇陛下の思いが伝わってくるようです。

平成が今年で終わるからこそ、天皇陛下がどのように沖縄に対し思いを寄せていたのかを考える日であってもいいのではないでしょうか

 

広告

平成天皇陛下は初めて沖縄に訪問された方である

 

天皇、皇后両陛下は毎年この日に沖縄の人たちに向けて黙とうを捧げられていたそうです。お二人の言葉には四つの日を忘れてはならないと言われていますが、沖縄終戦の日はその一つになります。

初訪問時には火炎瓶が投げつけられたそうですが、それにもひるまず予定通り慰霊を敢行されたことからも沖縄に対する思いの深さが見て取れるでしょう。

県民の四分の一がこの戦争で亡くなったとされていますが、その惨状に目を背けることなく沖縄の人たちに心を寄せておられた姿があったのです。

 

平成が終わるからこそ

 

平成」という名前には「平和が成る」と言う意味があるそうです。

天皇陛下が退位され、平成と言う年号が変わってしまうのかもしれませんが、変わってしまうだけでなくそれらを引き継いでいくことで新たな年へと希望を持ちつつ、過去を大切にしていきたいと思います。

 

平和が成ったのであれば、それを維持発展できるように尽くしていくのも未来への一歩になるのではないでしょうか?

 

今日はその言葉をもって結びとさせていただきたいと思います。

では、また次回。

フォローする

広告