広告

西日本豪雨によせて

volunteer

 

ちょっとニュースを流し読みしている間にとんでもないことになっていたようですね。

西日本への記録的な豪雨はかなりの被害を与えていると。

被害に遭われた方々のご冥福をお祈りします。

私は大阪出身ですが、隣の京都などでも大きな被害が出ていると、心配になってしまいます。特に関西では最近地震があったばかりですから、不安材料にも事欠きません。

 

広告

ニュージーランドから出来ることは?

 

恐らくないでしょう。

強いて言うなら寄付?

ただし、今寄付を送っても現地での受け入れ態勢が整っていないようなので逆に迷惑になる可能性すらあります。

情報化社会の情報の高速化が生んだ欠点の一つですね。

早すぎて現場が追い付いていないのです。

ただし、数日もすればある程度マシにはなるでしょうし、現地での受け入れ態勢等々も整うでしょう。

 

ボランティアをする人達に向けて

 

私が言いたいことはあまりありません。

ただし、決してボランティアに行くなとは言いませんが、個人で行くことはやめておいてください。

必ず、何らかの団体が募集した、もしくは現地に要請されたものに参加してください。規模の大きい災害では個人が出来ることは限られています。

むしろ、個人で行うことが現地にとって逆効果になってしまうことがあります。もし行く場合も何をしたいのか具体的な案を持ってから行ってください。

漠然とした気持ちだけで行くと非常に危険です。

 

ボランティアの精神は良いものであるはずです。ただし、その精神は自主性に基づいているということを忘れないでください。

そして、あくまでボランティアはボランティアであるということを忘れないでください。

現地の人のためになれることをするために自分が何ができるのかを見誤ってはいけないのです。

フォローする

広告