広告

NZで靴下を買おうとして・・・?

こんにちは、今日もニュージーランドからお届けいたします。

靴下の一つに穴が開きまして、新たに購入する必要に駆られました。

そこで、クライストチャーチにあるファストファッションブランド「H&M」に行きまして、靴下を買おうということになったのですが、ちょっと困ったことになりました。

すみませんね。いつもはユニクロとかなんで・・・。

 

広告

サイズ表記が全く違う

 

まず、海外の服飾で思いつく問題点と言えば「サイズ感」です。体格の良い外国人サイズに合わせて作られているために日本人のサイズにあるものを見つけることは難しいというものです。

そこについては、一回り小さいものをチョイスすることで問題なくクリアできると思います。

事実、私も靴下を買うついでに下着も買ったのですが、Mサイズを購入することで問題なく着られました。

強いて言うなら、ニュージーランドでは標準サイズが「Lサイズ」からのようで、Mサイズの下着を探すのに苦労させられたくらいです。

それよりも気になったのは「靴下のサイズ表記」でした。

因みに私の足のサイズは約26cm

まぁ、日本ですと普通ぐらいじゃないでしょうか。でも、ニュージーランドでは小さめのようです。

当たり前ですが、ニュージーランドでは違います。おおよそ、28ぐらいが標準なのでしょう。お店にあった靴下の多くはそのサイズでした。

ただ、それだけなら下着を買うのと同じで片端から合うサイズのものを探せばいいだけです。

では、何が問題だったかと言うと・・・。

 

店員に聞いても分からない!?サイズの表記

 

それは、「インチ」と「cm」の違いでした。

日本ではメートル法が主流ですが、ニュージーランドの宗主国はイギリス、つまりヤード・ポンド法も使われている国なんです。

 

H&M-靴下購入写真

 

最終的に買ったものについていたサイズ表記の写真ですが、見えますでしょうか?

EUR」「US」「CA」「CN」「MXの五つの表記が存在しています。

それぞれに値が降られており、サイズを表していることを示しています。

 

  • EUR」は「パリポイント」と呼ばれる単位。
  • US」「CA」「MX」は「インチ」表記。
  • CN」はどうやら「メートル法」表記

 

とそれぞれ異なる単位が使用されていました。。

また、それぞれのアルファベットは、

 

  • EUR」:ヨーロッパ
  • US」:アメリカ
  • CA」:カナダ
  • CN」:中国
  • MX」:メキシコ

 

とそれぞれ対応しているようです。多分、その国の人に一番合ったサイズ感、と言うことでしょう。

日本人なら中国人サイズが一番近いと思いますので、そちらを参考にしましょう。といっても、メートル法表記っぽいのはそれだけなんですけどね。

こうしてみると、中国以外の国は靴サイズをメートル法以外の方法でしか使わないようですね。

最初私はこの表記に混乱して店員さんに

「どれがメートルで記述されているの?」と聞きましたが、「いや、知らない」と返されてしまいました。おいおい、それでいいのか? と思いましたが、普通そんなこと聞く人はいないということなのかもしれません。ちょっと恥ずかしいかも。

 

うーむ。

 

因みにニュージーランドに多く展開しているディスカウントストアのウェアハウスというお店ですと靴はメートル法表記だった記憶がありますので、H&Mだけの仕様なのかもしれませんが、これも海外あるあるなのだと納得しておきます。

 

各国サイズ対応表

 

調べてみるとこういった単位の換算法が分かりましたので、ここでも載せておきます。

ただ、ヨーロッパに関してはパリポイントを用いるのですが、イギリスはどうも例外のようでインチ表記を用いているそうです。しかも、アメリカインチとは少し値が違うのだとか。

最近は国際規格の統一が図られていますから、問題はないと思いますが慣例的に古い言い方をする人もいますから注意が必要になりそうです。

 

日本 アメリカ イギリス ヨーロッパ
23.5 5.5 4.5 38.5
24 6 5 39
24.5 6.5 5.5 40
25 7 6 40.5
25.5 7.5 6.5 41
26 8 7 41.5
26.5 8.5 7.5 42
27 9 8 42.5
27.5 9.5 8.5 43
28 10 9 43.5
28.5 10.5 9.5 44
29 11 10 44.5
29.5 12 11 45
30 13 12 46

 

 

フォローする

広告