広告

サイトのテーマをLuxeritasに変更しました!

PC-キャリア

こんにちは。

サイトのほうを見てびっくりした方もいるか? と思います?

この度、サイトのテーマを今まで使用していた「Hueman」というテーマから「Luxeritas」というテーマへと変更いたしました。

まだ、立ち上げて間もないサイトですので、これぐらい大丈夫だろうという判断です。

 

広告

なんか重い、の一言が猛烈に気になった

 

別に誰かから言われたわけではありませんが、サイトが重い? と思ったのがテーマを変えるきっかけでした。

 

記事の投稿などの各種作業でダッシュボードとサイト画面を行ったり来たりしていたのですが、表示が遅いような気がして「サイト速度」を測定するサイトを使ってみようと思ったのです。

そうすると、サイトの表示速度がちょっと許容しにくいほど遅かったので、思い切ってプラグインの見直しとサイトのテーマの見直しをすることにしたのです。

 

サイト表示速度の測定ツール

 

サイトの表示速度は有名な「PageSpeed Insights」と「GTmetrix」で行いました。

と言っても、全然詳しくないのでサイトが遅いということしかわかりませんでした。ページスピードのスコアしか見なかったので。

今の私に速度改善の施策は難易度が高いです。

それだけの理由ですが、テーマごとサイトを作り替える理由としては十分でした。

 

Luxeritasとは?

 

次に「Luxeritas」というテーマですが、このテーマに変えた理由含めて説明したいと思います。

「Luxeritas」とはるな様制作のWordPress用テーマです。

 

Luxeritas は SEO 最適化済み、多機能なのに高速な無料の WordPress テーマです

 

「軽い テーマ」みたいな感じで検索すると「Luxeritas」を紹介するブログがヒットしたので、これでいいか、といった感じで決めました。

別に失敗しても良いかな? という軽い気持ちで行ったところ、思っていた以上にサクサクと動いたので完全に乗り換えました。

Huemanも良いテーマなんですけどね。デザインは凄い好きでした。いつか、バリバリのコードが書ける人になったら、あのデザインに挑戦するかもしれません。いつになるかは置いておいて。

 

プラグインを減らせるLuxeritas

 

「Luxeritas」の開発元であるるな様のサイトでは、有名なSEOプラグインである「All in One  SEO Pack」や「Yoast SEO」等はサイトを遅くする原因になるので、Luxeritasを使う上では入れないほうが無難とのこと。

そこで、私も思い切って抜いてしまいました。ほかにも大型のプラグインも抜いてしまったので、だいぶ軽くなった印象があります。

表示速度は検証したサイトによって速度評価がちょっと変わるので、あくまでも参考にするのが無難ですが、以前とは比べものにならない速度になりました。

 

難点というか困っていること

 

現状、前のテーマから変えきれてないので、Huemanだったら出来てたことが出来なkなっています。

アドセンスの自動広告なんかはその最たる例です。

調べたとおりにやっても私のサイトじゃ何故か表示されない、とか。

Amazonアソシエイトの挙動が変だとか、色々です。

 

でも、慣れていけば何とかなるんじゃないでしょうか

取りあえず、今回はこんな感じです。

では、また。

フォローする

広告