広告

勉強しなきゃ、と思う日々

laptop-work

 

こんにちは、自分の英語力の向上を日々願っているアンソニーです。

といってもかなりサボり気味ですが。

最近ではリカレント教育なるものが言に上っているそうですが、私がそれを必要とする時は来るのでしょうか?

 

広告

リカレント教育とは

 

リカレント教育を簡単に説明すると「学びなおし」となります。

大学を卒業し、社会で働いた後に再び大学などの教育機関で勉強することを「リカレント教育」と呼ぶそうです。

近年では政府も推奨しているようで受け入れをしている大学も多数存在するようですね。

人材の流動性を高めることで一人一人の能力や各企業の多様性を確保しようという試みでしょう。

色々と言われていますが、私はこのリカレント教育が最近話題になってきたのは社会の発展スピードが速くなりすぎて学校とかで勉強しなおさないと追い付かない場合が出てきたから、と考えています。

仕事しながら勉強できますけど、今の社会の体制では十分な学習ができるかどうかは個人個人の才覚によっているところが大きく、全体の底上げを考えるならリカレント教育としてある程度体系化された学習機関があったほうが良いからだと思っています。

 

それはそれとして

 

リカレント教育は話のタネみたいなもので、実は私も去年は英語等のいろんな分野を勉強してみようと手を出していたのですがニュージーランドに来てからさっぱりになっているため、ちょっと焦っているというわけです。

現に英語能力は上がっているどころか、勉強していない分下がっている感じすらあります。ヒアリングもアメリカ英語を中心に勉強して私からすると、ニュージーランドの英語はイギリス英語よりなので大変なのです。周りの人も基本的にヨーロッパ圏の人が多いですし。

仕事も一応決まっていることもあって、何か始める意思表示をこのブログでやってみようということなのです。

といっても、何も思いついていないばかりかブログに結果を掲載することも考えていないので単純に羅列するだけになります。

取りあえずこのブログに関して言うと、ニュージーランドから帰国するまでに300記事を達成したいと思っています。

あとは・・・英語能力に関しては日本へ帰国後でないと結果として分かりにくいので、後回しにします。いや、TOEICとかTOEFLとかで何点取れるかを目標にしたらいいのですがどれくらいが適当か分からないので・・・。

あとはプログラミングにも興味があります。日本へ帰った後に基本情報技術者試験を受けてみるのもいいかと思います。

あとは趣味のアクセサリー作りでしょうか。道具もちゃんと持ってきているので今度写真で撮ります。

Trade meで遊ぶとはこれのことでした。

今思いつくのはそれぐらいでしょうか。

ボランティアの参加などもありますが、元々参加するために来ていますので目標に含めることはしません。

 

目標を宣言しよう

 

自分で決めたことを公に宣言しましょう

これを「宣言効果」と言うそうですが、昔読んだ本によると人間は言葉に出したことは達成したくなる、という心理を持っているそうです。

宣言すれば周りの人も何をしたいのかが分かります。もし、サボっているようなら「こいつ前にあんなこと言ってたのに」となるでしょう。

私自身経験がありますが、「これをします」と親などに言って結局出来なかった時はなんだかもやもやしたものです。

宣言効果とはそのような気分を表したものなのでしょう。

皆さんも自分の目標を周りの人に話してみるのもいいかと思います。

 

 

読んだことないけど、こういった本が役に立つのかもしれない

フォローする

広告