広告

ニュージーランド29日目っ!!

トラヴィスウェットランドネイチャーヘリテージパーク

 

こんにちは、アンソニーです。

今回の記事は「トラヴィス・ウェットランド・ネイチャー・ヘリテージ・パーク」へ行った記事です。

長い名前ですが、要するに湿原の自然保護区です。公園みたいに遊歩道が設置されていて、中を散歩できるようになっています。

 

広告

トラヴィスの場所

 

トラヴィス風景写真

 

クライストチャーチからバスで30分ぐらいの位置にあります。バスの路線については、バスインターチェンジの人に聞くのが良いと思います。

インフォメーションセンターもあったりしますが、バス停からは少々離れたところにあるので、ちょっと歩く必要があります。

ただ、このインフォメーションセンターは無人の小さな小屋なので、別に立ち寄らなくてもどうにかなります。

 

トラヴィスパークは鳥たちの楽園

 

トラヴィスの中では自転車、犬の散歩は禁止になっています。そのおかげか、鳥たちも道端を歩いていたりとかなり自由に過ごしています。

 

トラヴィス-鳥の楽園

 

遊歩道が設置されていますので、それに従って歩くのが良いと思います。というか、湿地なので道を外れたら目も当てられないことになると思いますよ。

 

トラヴィス内部

 

園内には様々な鳥たちがいますが、私はバードウォッチャーなどではないため、種類が全く分かりませんでした。ごめんね。

 

プケコ

 

この写真に写っているプケコとかいう嘴の赤い鳥はこの園内の至る所に居ました。

写真の一羽なんかは鳴きながら近寄ってくるぐらいでした。

写真がちょっと悪いのは近づかれ過ぎてレンズを突かれたらどうしようとか、考えておっかなびっくりな状態で撮影したからです。

 

トラヴィスはとても広い。

 

外周を軽く一周するだけでも一時間以上かかりました。

 

多分、バードウォッチングなどを本格的にする人なんかはもっと長く滞在していると思います。冬が近いためか、あまり鳥を見ていないような気がしますが、私の注意不足かもしれません。

 

是非皆様も立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

最後に

 

この日の前日に雨が降っていたので、若干泥だらけの部分がありました。おかげで靴が泥だらけになってちょっとテンションが下がりましたね。

結構な水たまりもあったので、天気とかはちゃんと確認する、もしくは泥がついても大丈夫な服を着ていくことが必要だと思います。

 

ニュージーランドは天候が変わりやすいので、雨対策や泥対策を入念にしておくことは決して無駄ではないと思います。

 

では、今回はこのあたりで。

フォローする

広告