広告

バス乗り用のメトロカード買いました

こんにちは、アンソニーです。

突然ですが、メトロカードを知っていますか?

クライストチャーチで走っているバスで使えるカードのことです。

日本で言うところのSuicaのような立ち位置のカードですが、入手が簡単な割にメリットがとても大きいのです。

今回は、メトロカードを入手したお話です。

 

広告

メトロカードは簡単に手に入る

 

私はクライストチャーチ中心にあるバスインターチェンジで購入しました。

申込用紙があるので、そちらに住所や名前、生年月日などを記入して受付に渡せば購入できます。

住所は止まっている宿の住所でも可能です。

ポストコードは書かなかったですけど問題はなかったです。

用紙を渡すときに本人確認としてパスポートを渡しましたので、もしこれから入手する人はパスポートを忘れずに持っておきましょう。

代金として10ドル請求され、最初のトップアップ(料金振り込み)で最低10ドルから振り込むので最終的には20ドルかかることになりますが、購入したその瞬間から使用できます。

 

アートでモダンなメトロカード

 

metorocard

 

上の写真は私が貰ったメトロカードの写真です。

デザインがお洒落でニュージーランドっぽい感じがすごくします。

 

メトロカードを持つメリット

 

メトロカードを手に入れる最大のメリットはバス料金のディスカウントです。通常4ドル(2018年現在)かかる料金から30%のディスカウントが発生します。これがかなりお得です。大体2.55ドルになりますので、大体200円ちょいぐらいになります。

ワーキングホリデーである程度長期滞在するならば必携のカードでしょう。10ドルなので元も直ぐ取れます。

 

ネットから確認できるメトロカード

 

メトロカードはネットから各種管理ができるそうです。

トップアップやバランス(チャージした金額)の確認など様々な管理がインターネットからできるそうです。

なかなか便利だとは思わないでしょうか?

 

最後に

 

今回はメトロカードについての記事でした。車を購入していない私にとってはバスはとても便利な移動手段です。メトロカード自体も数回乗れば、元が取れることもあり、購入を躊躇うことはありませんでした。

皆様もぜひニュージーランドへ来た場合は購入してみてください

では、次回の記事で

フォローする

広告