広告

ニュージーランド59日目っ!!

カテドラルスクエアと銅像

 

こんにちは、アンソニーです。

今日面接があって何とか仕事を得ることが出来ました。

他でもトライアルを通っているというややこしい事態についても何とか説明できましたので、多分大丈夫です。

……私の英語が通じていれば。

取りあえず、仕事の取り方についておさらいしておきたいと思います。

 

広告

ニュージーランドでの仕事の取り方のおさらい

 

ニュージーランドの仕事は足で取る

一言で言ってこれに尽きます。

CV、つまり履歴書を直にマネージャーに渡せるかどうかが鍵です

ジャパニーズレストランのような場所でならネットで応募しても問題なくレスポンスが返ってきますが、ローカル、つまり現地の職場に対しては効果が薄いと言えるでしょう。

マネージャーじゃなくても良いのですが、マネージャーに渡した方がより反応が返ってくる可能性は高いです。

私なんかは2週間前におくったCVに対しての返答だったので、運の要素が強いと言えるでしょう。

多分、期間についてもローカルのほうが柔軟に対処してくれると思います。ジャパレスなんかは何かと長期間の雇用を求めてきますから。

それのどちらが悪いのかは私にはわかりません。ネットから応募しても比較的反応が返ってくるジャパレスのほうが良いこともあります。

ただし、私はジャパレスに対しては相性が悪いのか全敗記録を重ねていますので、あまりいい思い出がありません。

どちらにせよCVをばら撒くのが一番良いのかもしれません。

私もネットとリアルとで結構な数のCVを配ったような気がします。

あまり、数えていないのでどのくらいだったのかは覚え居ていませんが、確実に2桁は出しているはずです。

初めの頃は、なんでこれほどCVを送らないと仕事が取れないのか、と若干理不尽に思うこともありましたが、時間が経つにつれてどうでも良くなってきました。それどころじゃなかったのもありますし。

時間が全ての悩みをどこかへと置いていったのです

皆さんも海外などの新天地で仕事を探すときは無心の心で仕事を探しましょう。たとえ、バイトのような仕事でも取るためには時間と運は必要になってくるのです。

フォローする

広告